ビジネス

BCPソリューション | PRISM BCPの紹介

【BCPとは】

Business Continuity Planの略。事業継続計画。
企業は、大規模地震や新型インフルエンザ、火災、事故などで重要業務が中断させず、事業が存続できなくなるリスクを事前に分析・想定し、継続に必要な最低限の業務や、復旧時間と対応策などを定めた包括的な行動計画のこと。
ここ数年、世界的にテロやインフルエンザ、地震などが相次ぎ、日本企業も少なからずその影響を受けてきました。そこで有事を想定して、いかにビジネスを継続させるかを事前に定めた総合的な対応策が「BCP(業務継続計画)」


【PRISM紹介】

LIGエンサルティングのBCPソリューションであるPRISMは、火災/IT障害/物流中断/自然災害/人的災害などのあらゆる災害から、ビジネスが中断されないように徹底した事業影響分析システムを備え、万が一事業が中断されたとしても最短時間でビジネスが復旧できるように、BC計画及び戦略が策定できるシステムが含まれています。
更に、実際の災害状況と同様な状況でテストできる、BCP訓練システムと実際の災害時に、即時にBCPシステムを稼動し、活用できる災害管理システムも含まれています。
上記によって、PRISM BCPソリューションを導入することで、企業の事業連続性計画が確保できると共に、企業価値の上昇及び顧客満足の基盤となります。



PRISM BCPソリューションは、下図のように3段階のシステムで構成されています。





PRISM BCA【PRISM BCA】

PRISM BCA(Business Continuity Analyzer)は、インタビューやアンケートを通じ、あらゆる災害の影響(Impact)を分析し、復旧必要資源、復旧目標時間、重要業務を導出し、業務中断時の影響を評価し、事業継続計画の基礎資料として活用されます。

PRISM BCP【PRISM BCP】

PRISM BCP(Business Continuity Planner)は、BIAの結果に基づき、BCP組織、緊急連絡網、復旧戦略、時間帯別の復旧計画を策定し、企業の事業継続計画のフレームワークを完成し、多様な種類の復旧計画が開発できます。

PRISM BDM【PRISM BDM】

PRISM BDM(Business Disaster Manager)は、PRISM BCPによって開発された復旧計画を検証するために、仮想のシナリオを基盤に、実際の状況と同一なBCP訓練が実行できるよう支援します。


ページTOPへ