ビジネス紹介

K-Peer Live

インターネットのライブ生放送に使用します。一つの映像を同時に多数のユーザが視聴することによってグリッド ソリューションの中で最も高い効率を上げることができます。
また、ユーザ数の急な増加時にもスムースな放送(ライブ)の提供ができ、大規模放送サービスでは必須の技術といえます。

  製品名   K-PeerTM Live Broadcasting
  用途   FLV,WMV,WMA,OGMの他、様々なインコーディング フォーマットのインターネット ライブ放送
  適用方式   階層的Network Tree構造
  サポートOS   All MS-Windows、Linux、Embedded Linux (PMP、Set-topなど), Macintosh (Intel Based)
  ユーザ同期化   すべてのクライアントの許容値内で同一映像・音声の上映
  技術の著作権   100%自社開発、No Open Sources、関連技術の特許出願
  使用プロトコル   HTTP&K-Peer邃「プロトコル(ピア間)
  NATサポートの有無   サポート、逆アクセスおよびUPNP
  効率   サーバーおよびコアサービス回線の90% - 99%節減
  安全性   各ピアの回線およびサービス可能状態により効率の良いピアをツリーの上段に有機的に位置させることによってピア間のグリッド伝送効率を極大化し、上位サービス施行者の非正常終了時にも中断なしで映像視聴可能
  拡張&故障対策   グリッド管理サーバのFault Tolerant機能およびグリッド エラー時にサーバに接続するハイブリッド システム。
サービス安全性増大
  ピアの最適化活用アルゴリズム   各ピアのネットワーク処理性能によって下位のいくつかのピアにサービス可能有無をリアルタイムで把握して動的に切替える。
  多重ライブ放送   サポート
  他社のグリッド ライブ システムとの違い   すべてのユーザが許容値範囲内の同一の映像を視聴することによってチャット、講義などが可能だ。
一つのネットワーク ツリーが常に最大の範囲を保持し、効率が極大化され安定したサービスが可能
  サポート可能なマルチメディア プレーヤー   Flash、Media Player、Gom Playerなどすべてのプレーヤーサポート
ページTOPへ