ビジネス紹介

K-Peer Push

様々なコンテンツの1:Nの伝送時や大容量コンテンツのダウンロードまたは、ストリーミング サービス時に負荷分散のための事前伝送のために使用します。資料の同期化(Sync)等、様々な目的に使用することができます。

  製品名   K-PeerTM Push
  用途   ゲームクライアントのネットカフェ事前配布、予約された動画コンテンツ伝送、1:N環境の伝送またはSyncなど様々なコンテンツ配布および事前伝送
  適用方式   Hybrid伝送方式
  セキュリティ   Closed伝送、コンテンツのアドレス隠し、暗号化伝送、一般的DRM適用可能
  技術の著作権   100%自社開発、No Open Sources
  使用プロトコル   HTTP&K-Peer邃「プロトコル(ピア間)
  Grid 効率   60~90%
  効率増進方案   LAN環境内のコンテンツ保有者をまず活用
様々な環境の伝送政策を即刻に反映
  例外処理   伝送後、自動インストールおよびその他Actionなど様々な付加機能付与が可能
  QOS   ユーザの使用時に感知および動的QOS機能
Peer伝送優先アルゴリズムによるサーバ伝送の最小化
  適用コンテンツの数   無制限
  Fault Tolerantのサポート   サポート(Active-Standby Modeのサポート)
  その他   既存CDNサービスとAdd-onとの連動
ページTOPへ