ビジネス紹介

HOME> ビジネス> K-Peer Solution> K-Peer Streaming

K-Peer Streaming

動画サービスに使用します。サービスの安全性を高めて付加機能を提供します。サーバおよび回線費用を節減します。
小規模のネットワークを利用して高画質のサービスが可能になり、人気映像の場合一時的にユーザのアクセスが混雑していても安定したサービスが提供できます。

  製品名   K-PeerTM Streaming
  用途   AOD,BGM,様々な動画(FLV,WMV,AVI,MP4,MP3、OGG…)
  適用方式   Progressive Streaming
  サポートOS   All MS-Windows、Linux、Embedded Linux (PMP、Set-topなど), Macintosh (Intel Based)
  セキュリティ   URL 隠し、自社プロトコル転送、暗号化フラグメント送信 & 再構築、自社
DRM 及び一般的DRM 適用可能など
  技術の著作権   100%自社開発、No Open Sources、関連技術の特許出願
  使用プロトコル   HTTP&K-Peer™プロトコル(ピア間)
  NATサポートの有無   サポート、逆アクセスおよびUPNP
  Grid効率   40~90%
  安全性   グリッドとサーバーダウンロードが相互補完動作し、片方の障害時にもダウンロードサービスは継続されるため、導入前より安全性が増大ユーザのアクセスが多いコンテンツの方が安定的なサービスを提供
  拡張&故障対策   グリッド管理サーバーの並列増設可能
Active-Standby構成で運用可能
  ピア間の伝送データ保障   伝送単位のすべての誤り検査および補正機能の提供
  QOS   すべてのサーバ、ピアに設定可能。動的QOS機能提供
動画インコーディング情報理解による自動・動的QOS機能提供
  適用対象   AOD、UCC、教育、VOD、IPTV、社内放送他..
  適用コンテンツの数   無制限
  その他   CDNサービスとHybrid使用可能
ページTOPへ