ビジネス紹介

製品概要

セキュリティソリューション 製品概要

これまでのセキュリティ製品は外部からの侵入遮断に集中しており、セキュリティに対する認識もまた外部からの脅威に集中していました。 しかし最近になってネットワークを脅かす大多数のAttackは、内部clientにより発生する有害トラフィックに根拠しています。 当該セキュリティスイッチは、内部使用者から発生するDoS、DDoS、Flooding、Spoofing、Scanning 等の様々な攻撃をリアルタイムで探知、遮断復旧するLayer2セキュリティスイッチです



※ 赤色ボックスをクリックすれば追加情報を見られます.

L2スイッチ装備は、有害トラフィックを遮断するために管理者が手動でACLを設定して処理しますが、セキュリティスイッチはASIC基盤のMDSエンジンが搭載され、内部または全体のネットワークの性能と帯域幅低下をもたらす有害なトラフィックを自動的に検知/遮断します。また新種ウイルスに感染して発生する有害トラフィックに対しても検知/遮断することができ、管理が簡単便利です。

MDSエンジンは、ASIC(Application Specific Integrated Circuit)とセキュリティ・ソフトウェアの形態で、主な機能としては、全体ネットワークの性能や帯域幅の低下をもたらす有害なネットワークトラフィックを検知・遮断する機能を持っています。MDSエンジンは、ネットワーク・トラフィックを探知・遮断する機能を持っています。

VIPMは簡便な設置によりL2 Security SwitchをGUIを通じて直観的に管理し有害トラフィックに対するリアルタイムモニターリングと 遮断内訳等を照会することのできる機能を提供します。 また、ネットワーク資源情報の自動収集機能を通じてリアルタイムIP使用現況をモニターリングすることができます。



ページTOPへ