ビジネス紹介

TiFRONT 製品概要

アクセスレベル保安に脆弱なネットワーク構造

コアレベルに対する集中保安投資でアクセス レベルには相対的に脆弱な構造

アクセス レベル保安に脆弱なネットワーク構造

L2アクセスレベルセキュリティに対する対案

・Spoofing, Sniffing, Flooding などの DoS/DDoS 発生防止

・ARP Spoofing, Voice 専用 VLAN, QoS などの UC セキュリティ

・IP/MAC を利用したアクセス制限などの ユーザー認証

・STP attack, MAC Flooding/Filtering などの L2セキュリティ

セキュリティL2スイッチ アクセスレベルセキュリティのための合理的な対案

TiFRONT メリット

■ Security ■ Stability
− アクセスレベルのDDoS 攻撃保護
− UC(Unified Communication)セキュリティ護
− Zero-day リアルタイムセキュリティ検知護
TiManager を通じた装備別/グル−プ別セキュリティ政策管理護
− 業界最初大容量セキュリティログバッファ提供護
(FlashMemory 128MB)
− 製品の信頼性
− 電源二重化支援
− セキュリティ状況での大容量処理構造
− 総合連動性
− イーサネット標準搭載
■ Smart ■ Speed
− 専用インテリジェントセキュリティ適用及び解除性
− セキュリティ脅威進化に対する多様なセキュリティモデル適用可能性
− 低電力設計
− 最新スイッチングチップ使用
− 高速 L2 関連機能
− Wire Speedを保障するセキュリティ性能


ウイルス・ワーム・ボットによるDoS/DDoS 攻撃遮断

ウイルス・ワーム・ボットによるDoS/DDoS 攻撃遮断

TiFRONT DoS/DDoS 検知及び遮断

●正確且つ早い危険度予測のために Frequency Matrix モデルを適用した DoS/DDoS検知及び防御エンジン TiMatrix を搭載

●Nパケットに対して有害トラフィックのみ選別して遮断

●自動セキュリティ政策を生成・解除による管理者の手間を省く

●リアルタイム遮断による Zero-day 防御及び Wire Speed セキュリティ性能の提供

●L2〜L4 でベルで発生する各種 DoS/DDoS 状況を分析して対応

TiFRONT DoS/DDoS 検知及び遮断

ページTOPへ